風俗 SEO ライティング

風俗店スタッフ(2年目)のSEOがんばったbrog

MENU

結局ライティングだっていうことですよね?

メルマガ読んだり、専門サイトとかで調べたりすると順位を上げたいHPにどれだけリンクが貼られてるかが重要なんだとわかりました。

 

いいHPはファンが多くて、そのファンが紹介記事を書くんや、ということらしいです。
紹介記事を書くということはそこへつながるリンクを貼るいうことですもんね。
だからいいHPにはリンクがいっぱい貼られてるちゅう理論らしいです。
これは、Googleさんが言うてるらしいですよ。
僕はGoogleのことをわかりやすく解説してくれてるサイトの受け売りですけどw

 

検索順位を上げたかったら、そのHPに自分でリンクを貼ればいいわけです。
つまり自演ですやん!?

 

ただなんでもかんでもリンクを貼ればいいわけじゃなくて例えば、
風俗好きのおっちゃんが書いたブログでうちの店がいいから紹介したくてリンクを貼る、
うちの店で働いてる女の子がもっとお客さんに来てほしくてブログからリンクを貼る、
みたいに“自然なリンク”じゃないとアカンらしいです。

 

料理研究家のブログや阪神ファンのブログとか女子高性のブログから風俗店にリンクが貼ってあったらオカシイでしょ?

 

最近は自演もGoogleにはバレるらしいので、リンクを貼るブログもそれなりのクオリティやないとアカンそうです。
あー、このおっちゃんは風俗好きやからこの店紹介してんねんな!とGoogleに思わすということです(関西弁ちゃうやろうけど)。

 

だから風俗好きのブログもちゃんと書くんです。
ほんまにその人が実在して、ほんまにうちの店が好きで、ほんまに紹介したい・・・というクオリティが求められます。

 

それにそんな風俗好きのオッチャンばっかりからリンクを貼られてるのも風俗店いうのもなんか怪しいので、いろんな人たちが、“自然”にリンクを貼る・・・

 

これって結構大変なことやと気づきました。
ひとりでいろんな人になりきらなアカン。
適当なことは書けへん・・・

 

なんこかブログとか書いてるうちに結局ライティングが大事やねんなと気づきました。
そら風俗童貞の人にはぜったい書けんわw

 

もう20個くらいはブログ書きましたよ。
いや、もっとかな?

 

おかげでなんか僕、文章書くのうまなったんちゃうかて思います。
そら小説みたいなんは書けませんけど、こんな人やったらこんなこと言うんちゃうかなぁみたいない文章やったら書けるようになりました。

 

自画自賛しときますw
だって店長はなんもホメてくれへんからw

 

けどね、ブログばっかりもアカン言うことがわかったんです(汗)